読めば安心!通信機器のレンタルでトラブルがあったら

通信機器のレンタルでトラブルがあった時の対策

サービスセンターに連絡する前にできること

通信機器のレンタルでまず思い浮かぶのは、自宅やオフィスなどでパソコンの横に、ケーブルで繋がっている、モデムかもしれません。 モデムの点灯ランプが通常と違う色になったら、どのようなトラブルが考えられるでしょうか。 また、トラブルの対策として可能なことを、探ってみました。

links

モデムのトラブル

レンタルの通信機器と聞いてまず思い浮かぶのは、インターネットのモデムや、モバイルルータといったところでしょうか。
筆者はパソコン初心者レベルなので、分かる範囲で説明しますと、モデムとは、壁から線を引っぱってインターネットをする場合、壁からの線と、パソコンの間に繋ぐ機器です。
モバイルルータとは、手のひらサイズくらいの機器です。
こちらは線なしで電波をキャッチして、インターネットが出来るようにするものです。

こういった機器がトラブルに遭った、不具合になったときには、どのような対策が考えられるでしょうか。
なお、レンタルという意味では、携帯電話もありますが、こちらは修理に預ける間の代替機であることが多いので、トラブル対策の話題としては取り上げないこととします。

日常で、家財道具が壊れたりのトラブルに遭えば、自力で何とか修繕するか、製造元に修理を依頼することが多いと思います。
レンタルの通信機器にとって、製造元とは、製造メーカーのサービスセンターなどに当たります。

サービスセンターなどに修理を依頼するとなると、どのような修理をするのか、今ひとつピンとこないし、修理費用も気になりますね。
修理を頼む前に、費用のことも含め、レンタル機器の利用規約をあらためて確認してみましょう。

全てそうとは言い切れませんが、トラブル想定の規約を追っていくと、よっぽどのことがない限り、メーカーでは責任を負わない、という傾向があるようです。
言い換えれば、レンタル開始直後で不具合が無く、通常環境下で使っていれば、そんなに不調になることも少ない。
また一方で、不具合が起きた機体にこだわらずに、すぐ代わりの機体を提供しますという意味もあるようです。

そんな、他の家財道具とはちょっと勝手の違う感もある、通信機器のレンタルでのトラブル対策を、いくつか具体例を挙げながら、みていきたいと思います。

モバイルルータのトラブル

通信機器のレンタルの中でも、特にニーズが高まっている、モバイルルータ。 外国からの観光客などは特に、知らない土地でのインターネットは重要でしょう。 モバイルルータに起こりうるトラブルはどんなもので、対策はどのようなことがあるのか、例を挙げながら説明していきます。

それでもダメな場合は

精密機械でもある通信機器は、利用者が触って操作できる部分は、限られています。 あきらかに故障の場合には、メーカーのサービスセンターなどに連絡、修理を頼むようになるでしょう。 修理に関して、インターネット等の契約ではどうなっているか、またその際の注意点など、調べてみました。

TOPへ戻る